• Popular
  • Category
  • Tags
  • アーカイブ

News

follow us in feedly
Toggle

カスタマイズ

特定のページのみCSSを反映させる方法

特定のページのみCSSを反映させる方法

DigiPressには「オリジナルスタイルシート設定」という機能があり、この機能が提供するテキストエリアに任意のCSSを記述し保存することで、テーマの既定のCSSを直接編集せずに安全に確実にテーマのCSSとして組み込むことができます。 DigiPressのカスタマイズ項目にない箇所のデザイン変更の方法については以下をご…
特定のWordPress管理画面でのみ独自のCSSやスクリプトを読み込む方法

特定のWordPress管理画面でのみ独自のCSSやスクリプトを読み込む方法

自作でWordPressのテーマやプラグインをつくる場合、管理画面だけに自前のCSSやJavascriptを読み込ませたいときがあります。 そんなときはWordPressのアクションフックを使って色々と方法がありますが、ここでは1回のアクション関数でCSSもスクリプトも読み込んで、さらに対象の管理画面も指定する方法をご…
オプションにない箇所を好みのスタイルにカスタマイズする

オプションにない箇所を好みのスタイルにカスタマイズする

DigiPressのビジュアル設定にはない箇所について独自のスタイルにカスタマイズしたい場合、テーマのCSSを直接編集するのではなく「オリジナルスタイルシート設定」にて変更したい箇所の独自のCSSを、テーマのCSSに組み込んで反映させることができます。 この場合、まずは対象の要素(タグ, class, IDなど)を知る…
既存のDigiPressテーマでもフラットデザインにできます

既存のDigiPressテーマでもフラットデザインにできます

フラット、フラットうるさくてすみません。。 というわけで今回も フラットデザインネタを。 といっても今回は弊社WordPressテーマシリーズ「DigiPress」の既存テーマにおけるフラットデザイン化についてご紹介します。 実は既存のDigiPressテーマでもテーマ標準の「カラーカスタマイズ機能」と「オリジナルスタ…
PC用とモバイル用で表示ウィジェットを分ける方法

PC用とモバイル用で表示ウィジェットを分ける方法

DigiPressテーマはご存知の通り、レスポンシブWebデザインに対応しており、スマートフォンサイズでもサイトのレイアウト表示を最適化します。 「el plano」など一部のモバイル専用テーマを持つテーマの場合はスマートフォンではレスポンシブ表示ではなくモバイル専用のテーマにて対応するウィジェットエリアも別途専用に設…
【Tips】WPのカテゴリーページでパーマリンクから”category”を取り除く4つの方法

【Tips】WPのカテゴリーページでパーマリンクから”category”を取り除く4つの方法

WordPressを使っている人なら、大抵はパーマリンクの設定を変更していると思います。 日付ベースや数字ベースなどのプリセットもありますが、カスタム構造で/%category%/%postname%/として「カテゴリー名/投稿名」なんていう設定をしているケースも多いのでは? しかし、このままでは実際のカテゴリーページ…
好きな箇所に好きなWebフォントでテキストを表示しよう

好きな箇所に好きなWebフォントでテキストを表示しよう

DigiPressは、テーマファイルを直接編集することなくHTMLのヘッダ(head)に独自のmetaタグやlinkタグなどheadタグ内に記述したい定義をいつでも追加することができます。 このHTMLヘッダー設定とオリジナルスタイルシート設定を利用して、好きなWebフォントを読み込んでサイトの任意の箇所に反映させるこ…
Return Top