DigiPress

Highly Flexible WordPress Theme

メニュー

バージョンアップ・手動(FTP)アップデート手順


DigiPressテーマのバージョンアップはとても簡単です。

DigiPressのカスタマイズはテーマファイルやCSSに直接編集を加えることなくオプション画面からすべてカスタマイズが行える仕組みのため、改めてテーマファイルを編集し直す必要が一切ありません。

バージョンアップの流れ

  1. WordPress管理画面のテーマ選択画面、または更新ページから新しいバージョンの更新内容を確認します。
  2. そのまま管理画面から自動アップデートを行います。
  3. [補足] CSSの再作成が必要なアップデートが行われた場合は、テーマオプションにて設定をそのまま保存し直します。
    • 【fresco以降】
      「外観」→「カスタマイズ」にていずれかの設定パネルを開き、適当に設定をし直して(チェックを外す→再度チェックする、など)「公開」ボタンをクリック出来る状態にしてボタンをクリック。
    • 【Luminous以前】
      DigiPressビジュアル設定にて、何も設定を変更せずにいずれかの「設定を保存」ボタンを1回だけ実行(CSSの再作成)します。

通常はわずかこれだけの手順でバージョンアップは完了です。

DigiPressはカスタマイズしたCSSや画像はWordPressのアップロードフォルダに格納するため、テーマのアップデートを行ってもカスタマイズした状態はリセットされません

注意事項

テーマファイルに直接編集を加えている場合は、そのまま上書きアップロードをすると編集した箇所が消えてしまいます。
DigiPressの管理画面以外にてテーマに直接手を加えたカスタマイズ内容についてはそれらの内容を事前に控え、最新版に反映してからアップロードを行ってください。

ただし、テーマに直接手を加えてしまうと、バージョンアップのタイミングで表示されなくなってしまったりエラーやレイアウト崩れなどの不具合が生じてしまう可能性があるため、おすすめしません。


以下はテーマを手動でアップデートする場合の手順です。

手動でアップデート(FTP転送)する場合

サーバー側のアップロード上限サイズを変更出来ない場合など、何らかの原因で管理画面から自動アップデートやインストールが出来ない場合は、FTPクライアントソフトを利用してサーバー上のWordPressフォルダにテーマやプラグインを直接転送してください。

1. FTPクライアントソフトのダウンロード・セットアップ

FTPクライアントソフトなどを利用してFTPでテーマをアップロードする場合は、まずはFTPクライアントソフトをご利用のPCにインストールしておきます。
FTPクライアントはお好みで使いやすいものをお選びください。FTP転送ができれば指定や制限などは一切ありません。

無料FTPクライアントソフト例

ここでは、FileZillaを例にFTPでのアップロード方法を示します。

注意事項

FTPクライアントのFTPサーバーの情報の登録は事前に行っておいてください。
FTPサーバーやFTPアカウントの情報が不明は場合はご利用のホスティングサービスにお問い合わせください。弊社では対応致しかねます。

2. テーマ(プラグイン)のダウンロードと解凍

マイアカウントページ」の購入履歴から、購入テーマ、またはプラグインの最新版をダウンロードします。

ダウンロードしたzip形式のテーマ(プラグイン)を解凍します。

解凍すると「dp-****」(****はテーマ名。例ではdp-elplano)フォルダが生成されます。

注意事項

解凍ソフトによってフォルダが自動生成されてテーマフォルダが入れ子になっている場合は、テーマフォルダ直下にテーマファイルがすべて存在する状態になるようにしてください。

3. 解凍したフォルダをFTPでアップロード

ここではデスクトップに解凍した「dp-elplano」フォルダがあるとします。

FTPクライアントでサーバー上のWordPressテーマフォルダまでアクセスし、解凍したテーマフォルダをFTPクライアントで開いているテーマフォルダ(themes)にドラッグ&ドロップしてアップロードします。

アップロード先フォルダ

  • 【テーマの場合】
    (WordPressインストールフォルダ)/wp-content/themes
  • 【プラグインの場合】
    (WordPressインストールフォルダ)/wp-content/plugins

4. テーマ(プラグイン)の有効化

テーマの場合

WordPress管理画面の「外観」→「テーマ」オプションを開き、アップロードしたテーマが認識されていることを確認して対象テーマを「有効化」します。
use-theme

プラグインの場合

WordPress管理画面の「プラグイン」を開き、アップロードしたプラグインが認識されていることを確認してプラグインを「有効化」します。