• Popular
  • Category
  • Tags
  • アーカイブ

News

follow us in feedly
Toggle
DigiPressテーマの特徴

PC/モバイル端末を判別し、最適化したテーマで表示 & AMPにも対応


DigiPressテーマでは、「PCテーマ(レスポンシブ対応)」、「モバイルテーマ」の2つが組み込まれており、テーマ側でスマートフォンでのアクセスを判定して読み込むテーマを分けるだけでなく、それぞれのテーマ(接続元デバイスの種類)で必要なCSSやJavascriptだけを読み込み、さらに実行されるプログラムもPCテーマ用とモバイルテーマ用で細かく分岐して処理しています。

このように、DigiPressではスマートフォンか否かを判定し、根本的にテーマを分けて必要な処理のみを実行することで、PCとスマートフォンでテンプレートや処理を分岐しないことが基本のレスポンシブ対応のみのテーマの場合で発生してしまう無駄な処理と、同一テーマ(テンプレート)で表示させることにより発生する、CSS(メディアクエリ)によるHTML要素の見かけ上の単純な非表示制御(display:none など)、閲覧する端末によっては本来不要なPC用(またはモバイル用)のCSSやJavascriptなどの読み込みによる無駄な転送量を一切排除しています。

さらに、モバイル通信環境でのページ表示の高速化を目的としたプロジェクトである、AMP(Accelerated Mobile Pages)に対応したテーマでは、テーマオプションでAMPでの表示を有効にすると、スマートフォンからのアクセスは「モバイルテーマ」ではなく「AMPテーマ」で表示し、AMP専用のURLに自動的にリダイレクトするようになり、通常のモバイルテーマより機能は制限されますが、さらにページ表示の効率化・高速化を図ることができます。

また、AMP独自の仕様に準拠するためのあらゆるタグの置換処理や制御処理をすべて自動で行います

DigiPressのAMP対応についてはこちら

CSSの編集を必要としない配色パターンによる無限のカスタマイズ

カラム数の変更、サイドバーの入れ替え、トップページのみや指定した記事のサイドバー非表示(1カラム化)など、高度なレイアウト変更はすべて管理画面から項目を選ぶだけで実現します。
テーマファイルの入れ替えも必要ありません。

一般サイトはもちろん、ニュースサイトやギャラリーサイトなど多様なサイトニーズにマッチします。

また、サイトの背景、ヘッダーからフッターまで背景カラーやフォントカラーなど、ページ上のあらゆるコンテンツの配色をカラーパレットから選ぶだけで、あなただけのオリジナルデザインを活かしたWebサイトを誰でも簡単に作成できます。

capture

HTML5によるサイト内コンテンツの的確な構造化によるSEOアプローチ

html5
HTML5の仕様に則ったマークアップにより、ページ(ソース)内のどの部分が ヘッダー部、メインコンテンツ、メタ情報、フッター部などであるかを的確に意味付けして検索エンジンに解釈させることができます。

また、時流に合わせて提供中のテーマの構造は常にアップデートを重ねてブラッシュアップを図っています。

トップページは指定カテゴリの最新記事や完全オリジナルコンテンツのみを作成することも

トップページに表示する新着記事は通常のブログのように全カテゴリーだけではなく、任意のカテゴリー(除外指定も可)または任意のカスタム投稿タイプの最新記事を表示することも可能です。

さらに、オプションから新着記事を表示しない設定を行い、サイトのコンテナエリアやメインコンテンツエリアにあるウィジェットスペースにトップページのみに表示するよう「テキストウィジェット」を追加すれば、ブログ色をなくして商用サイトとして商品・サービスのPRコンテンツのみを表示させることも可能です。

トップページオリジナル化

画像素材を使わずアイコンフォントだから色もサイズも自由自在

豊富なオリジナルアイコンフォント
SNSアイコンや検索ボタンなどテーマ内で随所に使われているアイコンはすべてテーマに組み込みのアイコンフォントによるもの。
画像素材を一切使わずフォントデータなため、どんなサイズでもきれいに表示ができてRetinaなどの高精細ディスプレイでもアイコンは滲みません

DigiPressでは、他のテーマのように既成の不要なアイコンも多く含まれたフリーのアイコンフォントをただ組み込んでいるのではなく、様々なアイコンフォントから「デザイン」、「利便性」、「実用性」を考慮して1つ1つデザイナーが選定して独自のアイコンフォントとしてサブセット化した(まとめた)ものを組み込んでいます。

これにより、本当に必要なアイコンだけをまとめることで軽量化し、さらにユーザーから希望があればその都度好きなだけ追加して拡張できるのが DigiPress専用のアイコンフォントです。

また、すべてのアイコンフォントは class="icon-star"(スター) などのようにコンテンツとしても自由に利用できます。

検索エンジンフレンドリーなパンくずリスト出力(Microdata対応)

Googleが推奨するMicrodata形式に則った「検索エンジンにとって意味のある」パンくずリストを出力します。

これにより、検索エンジンに対してインデックスされたページはサイト内でどのような意図でどの階層に位置するページなのかを解釈させることができ、さらに検索結果ではページ階層をあらわすパンくずリストとして表示します(Googleスニペット)。

microdata breadcrumb

Facebook OGP用タグの自動出力

Facebookのタイムラインと記事の投稿を連動したり、誰かがあなたの記事をシェアしたときに、Facebookのタイムライン上で自動的に記事のアイキャッチやタイトル、概要などが表示されるよう、Facebook OGP(Open Graph Protocol)用のメタタグをhead内に自動出力します。

一部のSEO系(特にAll in ONE SEO Pack)が出力するOGPのメタタグ出力機能は、重複するものも多く、不正確なメタデータである場合がありますが、DigiPressのOGP自動出力機能では必要最小限の無駄のない正確なOGPのメタタグを自動出力します。

Twitterカード対応

あなた、もしくは誰かがあなたの投稿のURLを含むツイートをしたとき、記事のアイキャッチ、タイトル、概要を含むリッチメディアコンテンツ(Twitterカード)が自動表示され、集客を促進させるTwitterカード用のメタタグをhead内に自動出力します。

TwitterカードはOGPのメタタグも解釈して利用するため、OGPとTwitter用のメタタグで同じ内容を重複して定義しないよう、DigiPressはTwitterカード用に必要なメタタグのみを出力し、不必要なヘッダー内のメタタグの増殖をカットします。

記事メタ情報に任意のSNSシェアボタンを表示

SNSシェアボタン
Facebook、Twitter、Google+、Pocket、Pinterest、はてなブックマーク、Feedly、mixi、Tumblr、LINEなどの各種ソーシャルネットワークサービスのシェアボタンを、任意のものだけ選択して記事の上部、または下部に表示されるメタ情報コンテンツの一部として表示できます。

さらに表示タイプは各種SNS公式ボタンで提供されているスタンダードタイプボックスタイプ、またはテーマにマッチするよう独自にデザインされたオリジナル形式から選べます。

オリジナル形式で表示可能なボタン

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • Pocket
  • Evernote
  • feedly
  • LINE(※モバイルテーマにて表示)

さらに、DigiPressテーマに組み込まれているFacebook公式の各種ソーシャルプラグイン(Facebookページプラグイン、いいね!ボタン)で表示される言語を、DigiPressを利用するサイトの言語に合わせて変更することも可能です。

豊富なオリジナルウィジェットは12種類以上

サムネイル付き最新記事ウィジェット(カテゴリ指定可)、人気記事ウィジェット、SNSシェアリンクウィジェット、Facebookいいねボックス、はてブ人気記事ウィジェットなど、DigiPress専用のウィジェットはなんと12種類以上

最も人気なのは最新の投稿や人気記事、カテゴリーなどをタブで切り替えられる「タブウィジェット」。

オリジナルウィジェット

オリジナルCSSの組み込み、最軽量化、gzipまでを自動で


テーマファイルとCSSを一切編集せずに、すべての既存スタイルの変更と、オリジナルCSSの追加が管理画面から行え、バージョンアップ時にも難なく引き継げます。

さらにDigiPressは規定のCSS、Javascript、オリジナルCSSはすべて最小化され、gzip圧縮まで自動で行って最軽量化します。

オリジナルスタイルシートはシンタックスハイライト対応の専用エディターが用意されているため、各セレクタや定義はカラーリングされて視認性がよく、自動インデントによって非常に編集がしやすいのが特徴です。

テーマオプションにないデザインやレイアウトの独自カスタマイズや、新しくテーマにCSSを追加したい場合は、この「オリジナルスタイルシート設定」機能のエディターに記述することで、テーマのアップデート時にもリセットされることなく確実かつ安全にCSSが引き継げます

また、既存のテーマのデザインやレイアウトを少しだけ調整したい場合でもテーマ規定のCSS定義をここで上書きすることでどんなカスタマイズも可能になります。

すべてのコードは圧縮したCSSファイルにまとめるため、WordPressのカスタマイザーをそのまま利用している一般的なテーマのように、headセクション内に未圧縮の膨大なCSSをインラインで出力してソースを汚すことはありません。

バリエーション豊富なプリセット装飾用CSSによる文字やコンテンツのデコレーション

プリセットでフォントカラー下線マーカー、メッセージボックス、擬似ボタン、ラベル などとても豊富なコンテンツ装飾用のCSSが用意されています。

あなたはただ記事を書き、強調したい部分やメリハリを付けるために用意されているCSSクラスを指定するだけでいいのです。

デコレーションCSS

スクリーンショットや地図表示など実用的なショートコード

ショートコード
指定したURLのスクリーンショットGoogleマップ表示、YouTube埋め込み動画、iTunesアフィリエイトリンク変換、アドセンス表示など、複雑な知識を一切必要としない実用性の高いショートコードが満載。

さらに、DigiPress専用プラグインの追加でタブパネル、HTMLテーブル、PRボックス、画像フィルタ加工などの高度なショートコードも拡張できます。

テーマを編集せずにheadタグ内に任意の定義を設置

例えばアクセス解析コードやOGP用のタグ、任意のjavascriptなど、テーマファイルを編集することなく、管理画面から安全にheadタグ内に任意の定義やCSS、スクリプトを組み込むことができます。

「オリジナルスタイルシート設定」のエディタと同様に、このheadタグ内に独自の定義やスクリプトを組み込む場合も、シンタックスハイライト対応のエディタを完備し、自動インデント対応で視認性も抜群です。

head内独自定義

管理者自身はカウントしないようにアクセス解析コードを設置

アクセス解析コード設置
テーマファイルは一切編集することなく、管理画面からアクセス解析コードを登録できます。

さらに、ログイン中の管理者自身のアクセスはテーマ側でカウントしないようにすることも可能です。

ヘッダー画像やサイトロゴ画像のトリミング、リサイズ加工

サイトで表示するヘッダー画像やロゴ画像、背景画像はテーマの管理画面からアップロードできるだけでなく、それらのトリミングやリサイズといった加工も管理画面から行えます。
簡易イメージ加工

記事単位でも詳細な表示条件を指定できる「投稿オプション」

投稿オプション
DigiPressテーマ専用の管理画面では主にサイト全体に関する表示設定やカスタマイズが行えますが、記事や固定ページの投稿画面にも専用の「投稿オプション」が用意されています。

この「投稿オプション」では、例えば日付表示、寄稿者表示、カテゴリ/タグ表示、タイトル表示、WordPress自動整形、サイドバー表示、metaタグ関連(keywords, description, no index, no follow, no archive)などの有無を記事単位で制御することができます。

通常の検索フォームをGoogleカスタム検索に変更可能

メニューバーや検索ウィジェットのサイト内検索フォームは、管理画面やウィジェットの設定から選ぶだけでGoogleカスタム検索フォームに置き換えることができます。
Googleカスタム検索

JSON-LDによる構造化データを自動出力し、SEOを強化

JSON-LDによる構造化データ
シングルページでは、Googleが推奨する構造化データの手法としてJSON-LDを採用し、DigiPressは自動でJSON-LDのシンタックスをHTMLソースに出力します。

ユーザーは複雑な構造化データの仕組みを理解しなくても、検索エンジンがWebページのコンテンツを正確に把握し、リッチスニペットとして検索結果に反映するための準備はDigiPressがすべて自動で行いますので、あなたはWordPressでコンテンツを作成することに集中できます。

テーマオプションはデータベースで管理、カスタマイズ状態を安全に引き継いでバージョンアップ

DigiPressは他の一部市販テーマのようにカラーバリエーションだけ変えて大量にリリースするような売り切りのテーマではありません

不具合の修正はもちろんのこと、ニーズに則した機能拡張も常に提供中テーマすべてでアップデートを行っています。
他のテーマに比べてアップデート頻度がとても高いのが特徴ですが、あらゆるカスタマイズは管理画面から行え、これらのカスタマイズした設定状態はすべてデータベースで管理されるため、テーマのバージョンアップ後もそのまま以前のカスタマイズ状態を安全かつ確実に引き継げます。

テーマが更新されたときは管理画面で確認、そのまま自動アップデート

自動アップデート
他の有料テーマのように、WordPress公式ディレクトリに登録されていないテーマの場合、最新版にアップデートするにはその都度テーマを提供元からダウンロードしてFTPでサーバー上のWordPressテーマフォルダにアップロードする必要があるため、通常はアップデート作業に伴うユーザーの負担が大きくなりがちです。

しかしDigiPressではWordPress公式テーマ同様、最新版がリリースされたときはテーマ一覧画面やWordPressの更新ページにて最新版のアップデート内容の確認ができ、そのまま管理画面にて自動アップデートが行えます。

しかもこれまでカスタマイズした設定もそのまま引き継げるため、ユーザーのアップデート作業による負担はほとんどありません。

サイト移行や万が一の障害時も安心、バックアップ/リストア機能で復元

サーバーや物理的なサイトの移行が必要になった場合、せっかくカスタマイズしたテーマオプションの内容をまた一から設定し直すのは面倒です。
また、万が一の障害や人為的ミスによってテーマオプションのデータが失われた場合、豊富な設定項目について記憶を頼りに復元するには不可能です。

このような事態が発生しても瞬時に復旧できるよう、DigiPress全テーマにはテーマオプションを一括でバックアップし、さらに必要なときにはそれをインポートして復元するためのリストア機能が備わっています。

バックアップ・インポート

記事一覧の中に溶け込むインフィード広告を表示してサイト収益に貢献

インフィード広告
トップページやカテゴリーなどのアーカイブページに表示される記事一覧の中に、自然なデザインで馴染むインフィード広告をテーマファイルを一切編集せずに表示できます。
インフィード広告を表示するには、テーマオプションにて表示する広告コードを指定し保存しておくのみです。

広告は、記事一覧の中の何番目に表示するか数値で指定しますが、1箇所だけではなく記事一覧の中に指定した順番で複数のインフィード広告を表示できます。

また、広告コードはトップページとその他のアーカイブページで分けて指定できるだけでなく、PCとスマートフォン(モバイルテーマ)でも分けておくことができます。

一部、未サポートのテーマがあります。

ECシステム「WooCommerce」プラグイン対応でデザイン性の高いショッピングカートを今すぐ構築

WordPressに手軽にオンラインショッピングカート機能を組み込んでネットショップを構築できる定番ECシステムプラグイン「WooCommerce」。
DigiPressテーマでは、この「WooCommerce」専用の商品ページ用テンプレートがはじめから用意されています。
あとは、「WooCommerce」で追加される「商品」カスタム投稿タイプにて、自由にあなたの商品ページを記事を書く要領で追加していくのみです。

ビジネスエディションを持つテーマのみサポートしています。
woocommerce

SSL環境に対応、ネットショップや会員制サイトでも安心してテーマを利用

WordPressテーマの中でも、SSL環境(https接続)まで考慮して対策が施されたテンプレートはほとんど存在していません。

オンライン購入が可能なネットショップや会員制サイトなどはSSL化をしてユーザーに安全にコンテンツを利用してもらうことが求められますが、使用するWordPressテーマがSSLに対応していなければ、せっかくSSLに対応をしても意味がありません。

DigiPressでは、昨今需要が増えている SSL環境のサイトでもテーマ側でそれを判定し、SSL環境であれば 自動的に https接続にて画像リソースや外部コンテンツにアクセスを行います。

その他、DigiPressテーマならではのユーザビリティの高い機能が満載です。

Return Top